企業法務とは何かを説明するなら、一般的には企業の一部門としての法務部を指します。こちらは会社の取引先との契約書を作成したり、会社内の手続きやシステムが法令を遵守しているかをチェックしたり、消費者とのトラブルがあれば解決方法を模索したりします。
法務部とは言っても、社内の部署との調整が主流で、対外的なトラブルとなった場合には顧問弁護士に交渉を依頼したりする窓口となります。会社が新規で取引を始めようとするときは、取引先の情報収集や交渉などは営業部が行い、営業部で取引データを管理しますが、最終チェック機関として契約書を取りまとめるのは法務部の管轄にしている会社もあります。この方法ですと情報を管理する部署とチェックする部署との連携がとれますので、大企業ほど細かく手続きを設定しているものです。トラブルを事前に抑制するためのシステムといえます。


また開発部署と連携して特許や著作権の管理や申請を主に行って法務部としている企業もあります。

※より詳しく知りたい方へ

企業法務のブレークモア法律事務所は、1950年にトーマス・ブレークモアによって設立された、最も伝統のある日本の渉外弁護士事務所です。企業法務、M&A、証券化、商業・投資銀行規制業務、訴訟に定評があります。

企業法務|ブレークモア法律事務所










会社にまつわる法律は、改正を繰り返してわかりにくいものになっています。小さな企業を立ち上げるだけでも相当勉強しなければ手続きすら難しいのが現状です。規模の大きな会社ならなおさら、通常業務をうまく進めるだけでも大変ですが、法律的な対応に精通しなければならないのは負担が大きすぎます。
情報化社会の中、個人情報保護などにも配慮する必要があります。このような新しい分野の法律の規定を正しく理解し、実践できる方はそう多くはありません。



日常の契約でも、会社にとって不利益なものではないか、後で訴えられるリスクがないかなど、気を付けなければならない点は多いです。
会社をめぐる法律問題は多岐にわたり、そのすべてに精通しておくというのは困難でしょう。
経営者や社員がその点にとらわれることなく、業務に専念できるようにするため、企業法務をプロに依頼する方法があります。自分たちで一から勉強するより早く、正確に対応でき、本来の業務に専念することができるようになります。






企業は、様々なクライアントと法的な契約を結ぶ機会が多々あり、その一つ一つに対応して行かなければなりません。


しかし、企業側に法的な知識がなければきちんとした契約を結ぶ事が出来ません。





法律の知識をきちんと理解し、適切な契約を結ぶ事が出来るような能力が企業であれば何ら問題はありませんが、もしそうでなければプロの企業法務を生業としている人達に契約内容に関するお仕事の依頼をした方がいいです。





企業法務を請け負ってくれる会社の中には法務以外の業務もみてくれる所もあり、サービスの内容は会社によって異なってくるので、各企業はそれぞれ自社にあった法務の請け負い会社に仕事を依頼する必要があります。





また、企業法務について不安があると言う会社に対して法務の相談にのってくれる会社もあるので、契約でいきずまったりした際には相談してみるのも一つの選択肢として有効であると言えます。


契約に関する法律の数は膨大にあり、それらについて考えていくのは非常に大変なので大半の一般企業は、何かしらの形で法務を依頼する必要があります。




Copyright©2013